ろうきん(労働金庫)のカードローン

ろうきん(労働金庫)のカードローン在籍確認は?デンタルローン借りたい

一般的に言って、カードローンを申し込もうとすると、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているのかどうか、ローン会社から職場に在籍確認の電話がかかってきます。

 

ごく一部、在籍確認されないところもあるにはありますが、基本的には必ず勤務先に電話がかかってくるものと考えておいたほうが良いでしょう。

 

理由は、当たり前ですが、審査上必要になるためです。中には実際には勤めていない会社や、既に退職した会社を申込書に記載する人がいるためです。

 

しかし、このような電話があると、勤務先の会社にカードローンのことが知られてしまうのではないか、と不安になります。一応、先に言っておきますと、まずは安心してください。

 

ローンというのは非常に個人的なことですから、ローン会社のほうも、できる限り知られることのないよう最大限の配慮をしています。

 

具体的には、まずローン会社の会社名を名乗りません。個人名で名乗ります。

 

銀行ローンの場合は別ですが、これは、銀行の場合はローン以外にも多くの金融関係の業務をしていますから、普通の人は銀行名を聞いても、例えば預金での連絡なのか、とか、クレジットカードでの連絡なのか、くらいに思うからです。

 

さらに、決して用件としてローンのことは話しません。目的はあくまでその会社に本当に在籍しているかどうかの把握のためだけです。

 

しかし、いくらこのように配慮されていても、勘のいい人は感づくかもしれません。とくに、個人名で電話がかかってくるようなことがあまりない職場で、電話を取った人もローン経験者、となるとその可能性は高まります。そうなると職場でうわさになってしまうことも否定はできません。

 

従って、在籍確認のないローンはないか、というのが気になるところです。そういう人はろうきん(労働金庫)のカードローンを検討してみてください。

 

というのも、ろうきん(労働金庫)のカードローンの場合は、在籍確認の電話がされない場合があるからです。

 

それは、申し込んだ人がその労働組合の組合員であるときです。

 

その場合、ろうきん側は、その労働組合の組合員であること、イコールつまりその会社に勤めていることを初めから知っています。

 

ですから、わざわざ職場に電話をして在籍確認をする必要がありません。すなわち、職場に知られる可能性は皆無なわけです。

 

もちろん、その労働組合とは何の関係もない者がろうきんのカードローンに申し込んだ場合は、そのようなことはありませんから、職場に在籍確認の電話がかかってきます。