アコムの在籍確認はどんなこと聞かれる? 会社に電話連絡ある?

アコムの在籍確認はどんなこと聞かれる? 会社に電話連絡ある?

 

もしも日頃の生活の中で緊急性の高いお金の必要性に見舞われたなら、消費者金融で借り入れ契約をするとスピーディーにお金を充足させることが可能です。

 

ショッピングの中で欲しいブランド品を見つけた時、生活費が足りなくなった時、子供の教育費が生活を圧迫し始めた時、怪我や病気に伴う通院費や治療費など様々なケースがあるでしょうが、アコムのローンであればそのいずれの場合でも対応してもらえます。

 

アコムで最も代表的な借り入れ方法にはキャッシングやカードローンといた手法がありますが、いずれの店舗窓口、ネット、電話、自動契約機、郵送などの方法で申請できます。

 

その際に必ず職業や勤務先、年収などを記載することになりますが、審査過程においては担当者がこの勤務先に実際に電話をかけ、その記載項目が正しいものかどうかを確かめる一面があります。

 

これを在籍確認と呼びます。もしも申請者がこの企業に勤務している裏付けが取れなければ、収入や返済能力、財政面での余力、社会的な安定性、返済計画などのあらゆる面において信用がぐらついてしまうもの。在籍確認では担当者が代表番号に電話をかけ、それに出た相手に申請者の名前を伝えて「代わっていただけませんか?」と依頼します。そしてこの取次ぎが問題なく行われたなら在籍確認は完了となります。

 

またこの時、担当者は決してアコムという社名やローンサービス名を口にすることなく、あくまで個人名にて電話をかけます。こうした配慮もあって在籍確認のための電話であると気づかれる心配はほとんどありません。

 

仮に本人が不在の時でも、電話に出た相手の感触から本人の在籍が確認できるようであればこの審査過程は晴れて完了となります。そのためここでの在籍確認の内容としては申請者の名前を出して「いらっしゃいますか?」と尋ねられるくらいのものに留まります。

 

このようにアコムのローン審査では基本的に在籍確認が行われます。しかし会社勤務している人には様々な立場があり、中には電話がかかってくること自体を迷惑と捉える人もいるものです。

 

また、普段はあまり電話業務に携わらない人に電話がかかってくると皆が疑問に感じたり、不審に感じてしまうケースだってあるでしょう。また、土日の申請で在籍確認を行っていると融資のタイミングが月曜日以降にもつれることにもなりかねません。

 

こういった事態を回避する上でも、アコムではケースに応じて在籍確認を無しにすることができます。この時にはまず電話相談に気軽に連絡してオペレーターにその旨を伝えることが重要です。

 

もしもこれが可能となれば、在籍確認の代わりとして健康保険証や社員証、給与明細などの会社名が印字されている書類を提示することが必要となります。

 

また、土日申請の場合で勤務先が休業しているようであれば一旦は審査通過にしておき、週明けに改めて勤務先に電話をかけて「後付け」という形で在籍確認を行うケースもあります。このような事態に対応することで申請者がより良い利便性を享受できるように努力を重ねているのです。

 

 

アコムの審査基準 審査前に知っておきたいこと

 

アコムの審査基準は色々あるので審査前に知っておきたい事はいくつかあります。ではアコムの審査基準はどのようなものがあるのかというと、まず20歳以上で安定した収入があり、かつ返済能力を持っていて、自社の基準を満たしている人となっています。またホームページでは69歳以下までと書かれているので、70歳以上の人はいくら高い収入があっても借り入れする事は出来ません。

 

 

勤務形態も、特に詳しく書かれていないので、会社員でなくアルバイトやパート、派遣社員、フリーターでも申し込む事は可能で、一定以上の収入があれば審査に通る可能性も充分にあります。

 

 

 しかし収入といっても、本人が勤務をして得たものに限られるので、勤務先のない無職の人や専業主婦、年金受給者らは借り入れをする事が出来ません。またたとえギャンブルなどでたくさんの稼ぎがあったとしても、それは安定した収入とはみなされませんし、年金もそれだけでは駄目と公式に掲載されています。専業主婦の場合、夫の収入があってもそれが本人の安定収入とはみなされません。あと就職はまだしていないが内定はもらっているという状態も駄目であるという事も審査前に知っておきたい事の一つです。

 

 

 他に審査が通りにくいのは自営業者や個人事業主などです。ある程度の収入があったとしても審査で落ちてしまうという事があります。それは一般的にはしっかりと会社に雇用されている人のほうが、自営業者らよりも信頼は高いとみなされているからです。なので会社員であれば、たとえ新人社員でまだ収入もそれ程なくても、在籍確認さえきちんとできれば審査が通る事もあります。

 

 

中でも一番借り入れしやすいのは公務員です。公務員は比較的月の給料は高くありませんが、その分安定しているので信用度は高いです。

 

 

 逆に、どんなに高収入で会社への勤続年数が長くても審査に通らない場合があります。それは信用情報機関に事故情報が登録されていた場合です。具体的に言うと、過去に民事再生や任意整理といった債務整理の経験がある人は審査を行ってもまず通りませんし、短期間に複数の金融業者への借り入れを申し込みをしていたりすると、問題とされてしまうので注意が必要です。

 

 

そして、他社からの借り入れ総額がすでに年収の3分の1を超えてしまっていると審査は通りません。これは法律で年収の3分の1までしか貸し付ける事が出来ないと法律で決まっているからです。

 

 

 つまりまとめるとアコムの審査基準はまず年齢です。20歳以上69歳以下までが借り入れできる範囲なので、20歳未満の人や70歳以上の人は審査基準を満たしていません。次に収入です。年齢が範囲内だとしても安定した収入がない場合は審査は通過できません。ギャンブルや年金、夫の収入は安定収入とはみなされませんので注意が必要です。

 

 

さらに信用がない場合も借り入れ出来ませんし、他社からすでにたくさん借り入れがある人も厳しいです。

 

 それでもアルバイトやパートでも安定して一定の収入がある場合は借り入れの審査を受ける事が出来るので、それ程厳しいという事でもありません。

 

 

アコムは無利息で借りれる?カードローン初めてで不安な方に

 

カードローンを利用する場合、金融機関によっては無利息が適用される事があります。

 

この場合、金融機関が設定した期間内に完済する事ができれば利息が発生する事無く、借入額だけを返済すれば良い事になります。

 

またその期間が過ぎてしまった場合は、残債については金利が適用される事になりますが、上手に無利息期間を利用すると返済総額を通常よりも抑える事ができます。
またその期間は全く設定されていない金融機関もありますが、1週間、30日、180日と設定している所もあります。

 

ただいつまでも利用できるシステムと言う訳ではなく、その金融機関を始めて利用する時に限り利用できるものとなっている為、既に利用している金融機関では無利息が適用される事はありません。

 

アコムは日本の中でも有名な消費者金融の一つで、利用者が多くいる消費者金融の一つです。

 

全国各地で利用する事が出来るようになっており、テレビCM等も放送されている為、利用したことが無い人でもその名前を知っている人が多い消費者金融です。

 

アコムでは元々無利息サービスが行われていました。

 

ただ始まった当時はいつも行われていたわけではなく、キャンペーンの一環として行われており、そのキャンペーン期間中に契約した人だけが利用できるサービスとなっていました。

 

だから、その期間を過ぎてしまった場合は、初回利用であったとしても無利息が適用されない場合も有りました。

 

しかし今では無利息サービスは常時行われるようになっているため、アコムの提示する条件を満たしている場合は借入額を返済するだけで一定期間はお金を借りる事が出来るようになっています。

 

アコムが提示している条件は、初めて契約する時と言う事と、返済期日を35日毎にした場合です。

 

その為、既に利用したことがある人、さらに返済期日を別の日数にした場合はこのサービスが適用されません。

 

また無利息サービス自体は契約の翌日から適用される事になっています。

 

契約した日にお金を借りる場合は問題ありませんが、契約日意向にお金を借りた場合は、30日間無利息でお金を借りる事が出来ない場合も有ります。

 

またさきに専用のカードだけ発行してもらい、いつでもお金を借りる事が出来るようにしておこうとすると、いつのまにか無利息期間が終わってしまっている場合も有ります。

 

 

借入額だけを返済したい、金利分は払いたくないと言う時は、30日間で完済できる位の額を借りる事になります。

 

もちろん30日以上の期間お金を借りている事は出来ますが、契約日から30日が経過してからは、通常利息が適用される事になります。

 

返済日を35日毎にした場合、30日までは無利息で、さらに残りの5日は通常の金利が適用される仕組みです。

 

また金融機関の中には無利息が適用される期間中何度借入をしたとしてもその期間中は無利息でお金を借りる事が出来るように成っている所もありますが、アコムの場合は初回のみ無利息となっているので、その点をよく理解して利用します。

 

 

アコムの審査口コミ 借り入れ体験談情報

 

社会人になり、人との付き合いが増えました。お酒も覚え、仕事以外は楽しい時間を過ごすようになりました。

 

楽しい事を知ると、物欲も増え、長年欲しくても我慢していたものにも手を出すようになりました。ですが、仕事の給与はすぐに増えるわけでもなく、初めのころは給与内で楽しんでいた趣味や楽しい事も、段々収まらなくなっていきました。そうなってくると生活費もままならなくなり、お金を借りることを考えました。

 

親や友人は頼れないので、借り入れのできる金融会社を探し、インターネットで口コミなどを見た結果、数ある金融会社の中でアコムが借り入れしやすかったためアコムに決めました。

 

借り入れの条件が自分に合っていたというのも理由の一つで、アコムの借り入れ審査は安定した収入があること、他社も含めて借入額が年収の3分の1を超えていないこと、5年以内に3ヵ月以上の延滞経験が無いことと、比較的審査に通りやすいものでした。

 

収入が少ないから審査通るかなと心配しましたが、小額でも月1回でも収入があることを指すようで、基本的に3ヵ月程度続けて収入があれば安定した収入と見なされると知り、安心しました。

 

しかも、正社員でなくても、アルバイト・パートでの収入でも借り入れができると知り、手軽だなと感じました。また、もし審査に落ちても、時間が経って条件を満たしていればまた審査を受けることができるようで、もし審査に通っていなくてもまたチャンスはあるか!とポジティブに考えることが出来ました。

 

 

アコムの融資金額は1万円から800万円まで可能で、貸付利子が3.0%から18.0%。金融会社としては融資金額も貸付利子も妥当だと感じました。

 

私は多額の借り入れはするつもりが無かったので、6万ほど借り入れました。保証人も担保もいらないので親にも知られることなく借りれたのが良かったです。

 

また、必要書類も運転免許証等、身分証明書、収入証明書(給与明細書)または源泉徴収票と、難しいことは無く何の問題もなく提出することが出来ました。

 

テレビでよく、金融会社は取り立てがすごいシーンをみますが、アコムは全くありませんでした。電話対応も丁寧、人も丁寧でテレビの金融会社を想像していた私は逆に驚いてしまいました。その時、ちゃんとしている金融会社のほとんどは丁寧な接客をしていることを知りました。

 

 

私は、借り入れたお金で生活をし、次回の給与から節約したおかげで期限内に返済することが出来ました。短い期間で返済したので、借り入れ利子分の金額も高額にならなくて良かったです。お金が無い!足りない!困った!そんなときに借り入れが簡単にできるアコムは本当に私の救世主です。

 

初めて借り入れてからその後も、何度かお世話になっています。金融会社は怖いから・・・という声をよく聞きますが、借り方・返済の仕方によると思います。きちんと返済すれば何の問題もないので、安心・信頼して利用しています。

 

アコムでお金の借り換えは可能?ほか消費者金融で借りているケース

 

アコムには、貸金業法に基づいた借り換え専用のローンが用意されています。複数社の借り入れがある人でも利用が可能な場合がありますし、総量規制で決められている収入の3分の1を超えているケースでも対応出来るケースもあります。

 

ただし、使い道は、貸金業者からの債務の借り換えと明記されていますので、銀行から借りている分や、クレジットカードのショッピング利用については対象外となり、借り換えができません。つまり、消費者金融での借り入れやクレジットカードのキャッシング利用は対象になる可能性が高いです。心配であれば、アコムに問い合わせをすると良いでしょう。

 

 

アコムでは、借り換え専用のローンを利用できるのは、20歳以上で、安定した収入と返済能力がある当社の基準を満たす方と記載されています。安定した収入があれば、職業に関する規定はないので、アルバイトやパートなどの非正規雇用者でも、審査に通れば借り入れできる可能性はあります。

 

貸付金額は審査によって決まりますが、最大でも300万円までなので、債務がそれ以上の金額を超過する場合には、借り入れが難しくなるでしょう。審査に通りにくい方の特徴としては、長期延滞や未払いなどのトラブルがある方、借入件数が4件以上と多く、希望額が他社と合算して年収の2分の1を超えている場合や、アコムと全く契約をしたことのない方が挙げられます。

 

 

借り換え専用ローンに申し込むには、直接店舗に出向くか、無人契約機に行って操作をして手続きをすることになります。最短で当日中に審査が完了し、その場で契約が出来ます。

 

借り入れしたお金は、相手先の金融機関に振込を依頼することも出来るので、他の用途に使うのを防げるでしょう。アコムの借り換え専用ローンは、店舗や郵送で手続きした場合と、無人契約機を使って申し込みをした場合で、毎月の返済金額や、返済期間と回数の条件が違いますので、申し込む前に確認してください。

 

 

インターネット申し込みや、スマートフォンからアプリを使って手続きをする方法は使えません。最寄りにない場合は、郵送による手続きとなりますが、日数がかかりますので急ぎの場合には難しいでしょう。コールセンターに問い合わせれば、最寄りの無人契約機の場所を教えてもらえます。

 

 

申し込みには、本人を確認する証明書と収入を証明する書類が必要となります。通常のアコムのカードローンの申し込みでは、一定の借入希望額以下であれば、収入を証明する書類が免除されることがありますが、借り換えの場合は借入額が大きくなることから審査が厳しめになり、提出を省略することはできません。最新の源泉徴収票や確定申告書、税金の通知書や直近1ヶ月の給与明細書等を用意するようにしてください。

 

 

本人確認の書類については、顔写真付きの公的な証明書がベストで、運転免許証やマイナンバーカードがおすすめです。健康保険証などの顔写真が付いていない証明書を利用する場合は、確実性を増すために6ヶ月以内に発行された住民票や公共料金の領収証、納税証明書のうち1つが必要となりますので、予め準備をするようにするとスムーズに手続きできます。