エポスカード在籍確認

エポスカード在籍確認ある?職場や会社への電話連絡が不安なら

 

エポスカードに限らず、在籍確認をするかどうかはカード会社、金融機関の判断によります。

 

そのため100%在籍確認があるわけではなく、必要と認められたケースにのみ確認が行われるのです。

 

少額の限度額であれば確認されずにそのままカードが発行となるケースも少なくありません。

 

特にエポスカードは即日で発行される数少ないクレジットカードです。

 

クレジットカードによっては仮カードという形で即日発行されるものもありますが、その場合は後日在籍確認などの本審査をしたあと、正規のカードが発行されることになります。

 

よくスーパーの店頭などでクレジットカードの契約コーナーを設置しているところがありますが、

 

そういった店頭での契約の場合に発行される多くのカードが仮カードです。

 

エポスカードの場合はカードカウンターがありますので、即日でも正規のカードが発行できます。

 

どういった場合に在籍確認が必要になるのでしょうか。カードを申込む場合、年収を記入する欄があります。

 

年収が世代・業種の平均から大きくかけ離れている場合は確認されることがあります。また勤続年数が短い新入社員の場合も確認されることが多くなります。

 

ショッピング枠に加えてキャッシング枠の希望がある場合も確認される可能性が高くなります。

 

ショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれ別の規制している法律があり、両方使えるとカード会社側も慎重に判断するためです。

 

特にキャッシングは貸金業という扱いになっており、年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されています。

 

会社はお金を貸し出す場合、利用者の年収や現在の借金の有無を把握しておかなくてはならないのです。

 

借金の有無や金額は信用情報を確認すればすぐにわかります。

 

しかし年収は会社が指定する金額以下の希望額であれば自己申告制となっています。その自己申告の裏づけを取るための在籍確認なのです。

 

職業が正社員ではなく、アルバイトである場合は確認されないことも多くなります。アルバイトの人が契約できる限度額はそれほど高くないこともありますが、最も大きいところは、アルバイトは職をすぐに辞めてしまうことができるためです。

 

すぐに辞めてしまうような職場をいちいち調べても仕方がありませんし、アルバイトの職によっては個人に電話がかかってくることが不自然だからです。

 

特に飲食店など、個人宛に電話がかかってくるようなことはありませんし、希望シフト制の職場では週に1回しか働いていない人も週5で働いている人も在籍しているという扱いになってしまうため、収入の裏づけとしてはあまり役に立ちません。

 

エポスカードは比較的年収が低い層や若い世代にもカードを発行しており、それほど審査が厳しいクレジットカードではありません。何かしら信用情報に不利なデータが残っていたり、連続でたくさんのカード会社に申込みをしていない限り、審査に落ちてしまうようなことはあまりないでしょう。

 

収入が安定してより良い条件でカードを保有したいのであれば、ゴールドカードへ切り替えてみるのも良いでしょう。ゴールドカードはポイントが貯まりやすくなりますし、ポイントは永久不滅となります。

 

海外旅行などでの保険も手厚くなり、限度額も大きくすることが可能となるなど、さまざまなメリットがあります。

 

もし条件を満たしているのであれば、エポス側からインビテーションが届くことがあります。インビテーションが届いた場合は年会費が無料となります。

 

インビテーションがない場合でも50万円の利用があれば、翌年から年会費は無料となります。

 

すでに契約があるのであれば、ゴールドへの切り替えで審査は発生しますが、在籍確認は行われません。

 

 

エポスカードの在籍確認は勤務先連絡ある?

 

マルイが発行を行なっているクレジットカード、エポスカードは割引が受けられたり、入会特典としてお買い物券がもらえるなど嬉しいポイントが多いカードです。エポスカードはもともとマルイでショッピングする際に使ってもらいたい、という思いのもと発行されているのでそこまで審査は厳しくはありません。

 

銀行系のクレジットカードなどの場合主婦やフリーター、学生だと審査に通らないこともありますがエポスカードは特に問題なく審査に通ります。

 

何かしらの借り入れがある、他社のクレジットカードの利用履歴があまり良くなかったなどがない限りはつくることが可能です。また、クレジットカードをつくる際に気になるのが、勤務先への在籍確認があるかどうか、というポイントです。

 

やはりクレジットカードはそのユーザーを信頼してお金のやりとりを行うので、申請した会社で本当に働いているのかということはとても大切です。フリーターなどの場合、以前働いていた会社の名前を書いて審査に通ろうとする人もいますが確実にバレるのでおすすめしません。

 

しかし、最近はこの在籍確認のないカード会社も出てきています。例えば楽天カードなどのインターネットでの申し込みで完結するカードは電話での確認はありません。在籍確認にかかる人件費を削っている会社も増えてはきています。

 

エポスカードもそのような会社の1つで、全てのユーザーに対して確認は行なっていません。

 

例えば他社のクレジットカードの利用履歴が問題なかったり、来年から働き出す学生であったり、

 

電話確認が必要ない、もしくは出来ない人には行なっていません。

 

ある程度の条件をクリアしている人は在籍確認なしでそのまま発行に進んでいきます。

 

エポスカードの審査はあまり厳しくはありませんので、半分以上の人がこのようの電話確認なしで発行に進んでいるようです。

 

やはり何も悪いことをしていなくても、クレジットカードの会社から職場に電話があるというのはあまり気持ちのいいものではありません。

 

いくら在籍しているかどうかの確認だけとはいえ、ルーズな人なのではないかというイメージがついてしまうこともあります。

 

そのあたりの問題を気にするような人であれば問題なく電話確認もなしで発行できるかと思いますが、過去に滞納したことがあったり、

 

何かしらの不安要素がある人は確認されるものと思っておきましょう。

 

エポスカードの電話確認についてはだいたいの基準しか分かっていないため、明確にこの人は確認される、されないというのは分かりません。

 

確認のない楽天カードであれば職場に連絡が来ることはないのでその点では安心ですが、

 

やはり審査が緩いだけあってキャッシングがローンを使う際にはあまり高額の買い物は出来ません。

 

そのあたりのデメリットを踏まえると、やはりエポスのクレジットカードは入会特典も多いのでとてもおすすめです。初めてカードをつくる人も、問題なく審査は通ります。

 

 

エポスカードの審査基準 どうしても審査落ちしたくない

 

エポスカードはさまざまあるクレジットカードの中でも、比較的通貨審査率の高いカードです。しかしだからと言って甘く見てはいけません。基準をクリアすることができなければ審査に落ちてしまうことになります。審査に落ちないようにするためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

 

まず審査は申し込みのあと、申込内容や信用情報から判断する仮審査が行われます。この審査に通過することができれば、大体の人は契約が可能でしょう。審査に落ちてしまう人は、収入が少なすぎる、収入に対して他社でのクレジットカード利用金額や借入額が多すぎる、現在他のカードで延滞をしているなどの状況が考えられます。

 

特に気を付けなくてはならないのが延滞です。カードの延滞はもちろんのこと、携帯本体を割賦払いにしている携帯料金も信用情報に記録を残してしまいますので、毎月支払い日を守って利用することが大切です。現在進行形の滞納があると、エポスカードに限らず他のほとんどのカードの契約で審査に通ることはできないでしょう。

 

延滞情報は24か月間記録されますので、毎月のように延滞を繰り返している人も審査に影響を及ぼす可能性があるでしょう。特に3か月以上の延滞をしていると「金融事故」として登録されてしまうことがあり、「事故情報」が載ってしまうと数年間契約が難しくなることがあります。

 

収入や他社での利用金額が影響して審査に落ちることがあります。クレジットカードのショッピング枠は支払い見込み額という計算によって算出されます。

 

この見込み額は、年収からクレジット債務、生活費を引いた金額の9割です。生活費は人によって金額が異なりますが、高い家賃支払いがある場合も支払い見込み額が低くなってしまうため、審査に通過することが難しくなることがあります。家賃は抑えておいたほうがクレジットカードの審査通過率は高くなるのです。

 

仮審査を通過すれば、申し込み内容に間違いがなければそのまま契約になることがほとんどです。しかし職場の電話番号が違っていたり、勤め先に虚偽があると契約はできません。

 

エポスカードでは在籍確認必須ではないため、必ず確認があるわけではありません。しかし会社側が必要と判断すれば在籍確認を行います。特にキャッシング枠を希望した場合は在籍確認を取る可能性が高くなり、審査にも時間がかかることになります。

 

ショッピング枠のみを希望していてすぐにカードを発行してもらいたい場合は、キャッシング枠を希望しない方が契約できる可能性は高くなるでしょう。

 

キャッシング枠はショッピング枠とは異なり、「貸金業法」の規制下にあります。貸金業法には年収の3分の1以上の貸し出しができない総量規制があります。すでに他社に借り入れがある人で年収の3分の1以上の借り入れがある場合は、キャッシング枠を希望してもつけることができません。

 

申し込みをする前に自分の他社での利用状況はしっかりと確認しておきましょう。申込書で嘘をついても信用情報からバレてしまいますし、印象が悪くなります。申込書は正確に記入しましょう。

 

 

エポスカードは主婦、学生でも借りれる?

 

エポスカードは、丸井のクレジットカードの事で、マルイで買い物をする時に10%割引が適用されたり、海外旅行傷害保険が自動的についていたりします。

 

実際に利用する場合はまずは申込をし、その後審査を受けてそれに通過する事ができなければカードの利用もできません。

 

基本的には高校生を除く18歳以上であれば、正社員でなくてパートやアルバイト、さらに専業主婦でも申し込みは可能です。

 

ただ家族と一緒に暮らしている場合は問題ありませんが、一人暮らしとなるとカードの返済がとどこった時等に不利と言う事になるので、審査でもその点が重視されたりします。

 

一般カードに比べるとゴールドカードの方が審査基準は厳しくなっていますが、金属年数5年以上、年収400万円以上で収入が安定している人であれば、その点がマイナスに働く事はまず有りません。

 

ただ、クレジットカードには通常の買い物などで利用するショッピング枠と、お金を借りる事が出来るキャッシング枠があります。

 

キャッシング枠を利用すればお金を借りる事が出来るようになっています。

 

申し込み基準を満たしていればお金を借りる事が出来ると認められたことになる為、キャッシング枠付きのカードにすれば、お金を借りる事が可能です。

 

もしその人にお金を貸したとしても、回収する事が出来る、貸し倒れリスクが少ないと会社側が判断したからです。

 

だから、既にエポスカードを持っていて、そのカードにキャッシング枠が付いていれば、基本的には主婦、学生でもお金を借りる事は出来ます。

 

主婦や学生であったとしても、パートやアルバイトをして収入を得ている人であれば、借りたお金を返すすべがある状態です。

 

だからその人の年収に合わせてキャッシング枠を設定する事が出来るようになります。

 

またもし本人が何も仕事をしていなかったとしても、主婦の場合は配偶者の収入から借りたお金を返済する事は出来ます。

 

学生の場合は保護者からお金を借りて返済に充てる事も出来る為、エポスカード社側としてもリスクが少ないと判断できるからです。

 

 

その為、学生や主婦等の場合は業者によってはお金を借りる事ができなかったりする場合も決して珍しくありません。

 

しかしエポスカードは主婦、学生でも借りる事が出来るようになっています。

 

ただ実際にお金を借りたいと思った場合は審査を通過する必要があり、その審査に通過する事ができなければカードを発行してもらう事もできません。

 

主婦の場合は配偶者の収入が多い方がより条件が良いと判断される傾向となっています。

 

また学生の場合も同様です。

 

反対に、エポスカード自体は主婦、学生でもお金を借りる事が出来るシステムとなっていますが、収入が有る人でもその人の年齢、年収によっては審査を通過できない場合も有ります。

 

また一度に複数会社にカード発行の申し込をしている場合等も申込ブラックの状態になってしまう為、審査を通過できない可能性が出て来ます。

 

あくまでもエポスカードで主婦や学生がお金を借りるのは、その会社側が設定した条件を満たしていてこの人にはお金を貸しても大丈夫だと判断された人のみです。

 

 

エポスカードの審査口コミ 申し込み前に知っておきたい

 

エポスカードを持つようになったきっかけは、よく出歩いていた難波にOIOIが出来たことでした。

 

300円均一や家具雑貨、衣類など、利用する頻度が高くなりました。

 

お洒落で可愛い商品が多く、物もしっかりしてるので、衣類や靴を始め、鞄や財布を買うのはほとんどOIOIです。

 

7階にはUNIQLOもあるので、尚更です。

 

入会する前はお会計する度に「入会すると2000ポイントさしあげて、それで割引するとお得になりますよ」などという勧誘が必ずあります。

 

正直、鬱陶しかったの覚えてます。

 

社会人になり、クレジットカードが必要になった事もあって、思い切って入会しました。

 

通販サイトもよく利用するので(特に結婚してからは家具以外に調理器具や雑貨製品、収納ケースなど)、クレジットだと手数料もかからないでスムーズになりました。

 

商品の店舗が違えば、送料も代引きもその分料金もかかるので、これは助かってます。

 

会員ページを見れば、貯まったポイントでホテルや食事等の優待券がありました。

 

私はまだ未体験ですが、エポスカード持ってるだけでも旅行費が押えられるのは魅力的ですね。

 

買い物する頻度が高いので、ポイントを利用して買うことが主です。

 

あと生命保険もあって、最高額でも4000円はいかなかったです。

 

内容も一般と変わらないですし、1人が持っていれば、その家族も一緒に保険に入れます。

 

ただ、終身ではないので、掛け持ちでお考えの方にお勧めです。

 

公式アプリもあって、ゲームでポイント貯めることもできます。

 

1日1回のみのトランプゲーム3回勝負。

 

提示されたカードより数字が高いか低いか当てると1ポイントもらえます。

 

2回戦するかの選択があり、勝つと更に1ポイント。

 

3回戦も同様です。

 

ただし、残念ながら負けるとポイントもらえません。

 

貯まったポイントの確認や、「お支払い照会」のところから今月分と来月分の支払い料金の確認するだけではなく、そこからリボ払いに変更する事も可能です。

 

会員ページにそのまま飛ぶこともできて、ページの下に行けば1年分の支払い額が見れます。

 

デメリットとしては、お店によっては使えないところもあります。

 

VISAということで、ほとんどでは利用出来るのですが、実際にエポスカード自体が使えなかったことが幾度かありました。

 

 

エポスATMというのを聞いたことありますが、口座は作りたいと思えませんね。

 

ATM自体を見たことがないからです。

 

それだけメジャーではないので、口座を作るのはお勧めしません。

 

メリット、デメリットはあれど、持っていて損に感じた事はありません。

 

リボ払いは、癖になってしまうので、出来ればその月の分は全額払いがいいかもしれません。

 

本当に支払えないほどの時にだけでいいかと。

 

サービスカウンターもあるので、紛失や破損などトラブルがあった場合は何かと頼りになります。

 

知っているのは難波のOIOIの地下のみなので、他は存じませんが、割りとしっかりしてます。

 

 

 

エポスカードでお金の借り換えは可能?

 

今お金を借りている金融機関の利率よりも他の所の利率の方が低い場合、その金融機関を利用する方が返済総額を抑える事ができます。

 

利用する金融機関を変える事を借り換えと呼び、通常のローンは勿論の事、マイカー、住宅等様々な所で借り換えが行われています。

 

 

エポスカードは丸井の発行するクレジットカードで、ショッピングで利用するだけでなく、キャッシング枠を利用すればお金を借りる事もできます。

 

もちろんどれだけでもお金を借りる事が出来る訳ではなく、最初に決めた枠の範囲内での融資と言う事になります。

 

その為、キャッシング枠に空きがなければ、どれだけお金を借りたいと思ったとしてもそれ以上の融資を望む事は出来ません。

 

ただこれはエポスカードに限った事ではなく、他のクレジットカードでも同様の事です。

 

借りたお金は返済計画に則って返済する事になります。

 

 

借りたお金は勿論全額融資先の方に返済しなければいけませんが、返済途中で他の金融機関に変更する事もできます。

 

エポスカードも同様で、そこから他の金融機関への借り換えができるようになっています。

 

ただ、借り換えをする場合はいくつかのポイントに注意しなければいけません。

 

その一つが手数料を払わなければいけないと言う事です。

 

 

借り換え自体は他の金融機関に変更する事ですが、その場合、今まで借りていたエポスカード側に借りたお金を全額返済しなければいけなくなります。

 

 

また新たに金融機関から借入をする場合は手数料を新しく融資を受ける方の金融機関に払う事になります。

 

金利が低いからと言って他の金融機関に変更したにも関わらず、実際に手数料分を払うと返済総額は借り換えをしない時とほぼ同じ、若しくはそれ以上に高くなってしまう事もあります。

 

借り換えをする場合は返済シミュレーション等を行い、本当にそれを行う事がメリットがあるかどうかで判断する事になります。

 

もし変更しない方がお得だと判断できた場合は、そのままエポスカードでお金を借りたままにしておきます。

 

 

ただ、金融機関によっては借り換え自体を扱っていないと言う所も存在しているため、どこでも借り換えができる訳ではありません。

 

エポスカードを現在利用していて、その返済途中だった場合、他の金融機関を利用する事が出来る場合も有ればそうではない場合も有ります。

 

通常キャッシングをする場合は自分の返済能力の範囲内で行う事になっている為、それ程沢山借りすぎてしまうと言う事は少なくなっています。

 

ただ人によっては置かれている状況の変化等から、当初の予定通りの返済が出来ないと言う事も少なくありません。

 

その場合は借り換えを行っている金融機関を探す事から始めます。

 

またその場合は現在適用されている金利よりも低い所を選び、手数料分を考慮した上でその金融機関に借り換えをするかどうか決める必要があります。

 

もちろん借り換え自体はどのタイミングでも行えますが、クレジットカードでお金を借りた場合は金利は日割り計算となるので、なるべく早く借り換えするかどうかを決める方が、より返済総額を抑える事に繋がります。