楽天銀行カードローンの在籍確認 会社に電話確認がかかってくる?

 

楽天銀行カードローンの在籍確認 会社に電話確認がかかってくる?

 

楽天銀行カードローンは、インターネットから申し込みが出来、契約まで完結するので、忙しい方にも人気となっています。申し込みをした当日から2営業日中に審査が行われ、楽天銀行に口座を持っている方であれば、最短で当日中の借り入れが可能になる場合があります。

 

審査の一環として、勤務先に在籍確認の電話が行われます。楽天銀行の場合は、スーパーローンの審査についてQ&Aのホームページが設けられていて、在籍確認の審査があると明記されています。ただし、配偶者に安定的な収入のある専業主婦が申し込んだ場合は、指定した固定電話や携帯電話に本人確認の電話がありますが、在籍確認は行われません。配偶者の勤務先にも連絡がありませんので、家族に内緒で借り入れの手続きが行えます。

 

在籍確認は、一般的に月曜から金曜までの営業時間中に手続きを行った場合は当日中にあることが多く、土日等の休みの場合は翌営業日以降になります。1つ注意したいのが、金融機関でローンを申し込んだ場合は、在籍確認を行う旨の連絡がありますが、楽天銀行の場合、事前の予告を行わずに在籍確認の連絡を行います。ただ、不在であっても、申込者が勤めていることが確認できれば問題はありませんので、安心してください。

 

在籍確認は、電話番号を非通知設定にして、銀行名を名乗らずに個人名でかけられます。非通知にすると電話を取り次がない設定になっている場合にのみ、番号を通知してかけられます。ただ、個人名で電話をした場合に、通話口に出た方に社名を尋ねられた場合には、楽天銀行と担当者の名前を名乗る場合があります。

 

カードローンに通った方の口コミを読むと、申込者が通話口に出た後に改めて銀行名と担当者名を名乗り、フルネームを聞かれます。申込者が自身の名前を告げると、在籍確認は終了し、審査結果がメールで通知されるという手順で行われるとのことです。時間は数分程度で済みます。不在の場合は、電話に出た同僚が、外出しているとか席を外しているというような返答をすると、不在でも会社に属していることは確認できるので、それ以上の連絡は行われないことがほとんどでしょう。

 

ただし、フルネームで名前を返答する、普段社外から電話連絡がない部署に個人宛てに電話がかかってくることがあると、上司や同僚に問い詰められるケースもあります。また、役職が上の方だとマナーを重んじる傾向にありますので、社名を名乗らずにかけられると、審査の担当者にどこの会社に属しているのかと、社名を名乗るように強く要請することもある場合があります。

 

借り入れの審査と判明するのが嫌な場合は、予め社内の方にクレジットカードを作成したので、在籍確認の電話がかかってくると話があったと言うと、カードを複数作成するのはよくあることなので、ローンの審査ではと怪しまれずに済みます。銀行名を名乗った場合でも、楽天銀行ではクレジットカードの取り扱いがありますので、特に問題はないでしょう。

 

 

楽天銀行カードローンの審査基準 通る人落ちる人の違い

 

金銭的に厳しい場合には、カードローンに頼ろうと思い、審査を受ける方もいます。楽天銀行などでもカードローンをしているため、利用を考えている方もいるでしょう。

 

ですが、審査がある以上、通る人や落ちる人がいることも事実です。ですが、カードローンを利用したいという方は、審査に落ちることで、生活が成り立たなくなることや、現状でお金が必要にもかかわらず利用できないことで窮地に立たされるということもあります。

 

そのような状態になると生活などもかなり厳しい状態になり、自分だけの問題ではなく自分の身内に対しても迷惑をかけてしまう状況になることもあります。そのため、できればスムーズに審査を突破したいところです。

 

そのためには、楽天銀行の審査の基準などをしっかりと把握しておき、自分の状態が審査基準にひっかからないかどうかをチェックしてみましょう。

 

 

基本的に、楽天銀行が定めている基準を満たさない場合には、審査に落ちることになります。まず、年齢としては20歳〜62歳、ただし、非正規雇用や専業主婦などの場合には、60歳までの基準を満たしているかどうかです。この年齢基準を満たさない場合には、審査に落ちることになります。また、安定した収入があるかどうかもポイントです。

 

収入が不安定、また収入が安定していても極端に収入が低い場合には、落ちる可能性がでてきます。

 

 

基準以外にも、落とされる可能性があるのは、提供した状況に対して虚偽がある場合です。審査に通りたいと思っているなら故意に虚偽をすることはあまりないでしょうが、入力や記入ミスをする可能性はゼロではありません。

 

 

住所や電話番号などはどこかに登録をしたり、アカウント作成やその他にも手紙などを送る際によく記入することがあるため、ミスをするということは少ないでしょうが、考えられるミスとしては、会社などの住所や電話番号などです。自分の住所や電話番号などとは違い、あまり記入したりということは少ない場合には、記入時にミスをする可能性があります。

 

また、転職をした場合には、前職の会社の住所や電話番号をうっかり記入してしまうということもあります。そのように、自分にしてみればちょっとしたミスと感じるかもしれませんが、楽天銀行側にしてみれば、審査の段階で虚偽が発覚してしまうとその時点で審査する側としてはマイナスなイメージにつながり、通る審査も落とされてしまう可能性はでてくるでしょう。

 

 

基本的に審査のための基準を満たしていることが前提にはありますが、虚偽をしないこと、そのためにも入力した項目、記入した内容に間違いがないかしっかりとチェックしておくことが必要です。

 

 

カードローンを利用したいということは、金銭面で厳しい状況のことも多いため、できれば審査をスムーズに通ることが理想的です。ですが、基準を満たせない場合や審査の時点で正しい情報を提示できない、ちょっとしたミスなどによって審査を落とされないように記入時には注意が必要です。

 

楽天銀行カードローンは無利息で借りれる? 金利が不安

 

今月は、お給料日までが長く、家計がピンチ、急な出費が出てしまった、売り切れる前にこの商品がどうしても欲しいけれどお金がない、そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

特に限定品などが欲しい方は、今すぐ手に入れないと売り切れになってしまったり、ボーナスまで待っていられなかったり、そんなこともありますよね。そんな時にお金を借りたいけれどどこで借りたらよいのかわからない、借りてしまうとその後の返済が不安という方もいると思います。しかし上手にカードローンを利用すれば無理なく、欲しいものを手に入れることができますよ。

 

楽天銀行のカードローンは、無利息で借りることはできませんが、金利を心配することなく、安心して借りることができます。以前は、金利が年4.9%から14.5%だったのが、リニューアルされて、年1.9%から14.5%と低金利でお金を借りることができるようになりました。

 

利用限度額も800万円まで借りることができ、日本国内に居住する20才から62才までの仕事をされており毎月、安定した定期収入がある方ならだれでも申し込みすることができます。もちろん働かれているk他だけでなく、専業主婦の方も50万円まで借りることができます。

 

ですから、今月は、急な出費が多くて、家計がピンチという時も安心して借りることができますね。また年会費も入会金も0円なので、もしもの時のためにカードを作っておくこともできますね。入会するだけで、楽天スーパーポイントが1000ポイントも進呈されるので、とてもお得です。

 

好きなものを購入することができますね。申し込みもスマホで完結するので、急いでいる方や忙し方も簡単にできますよ。わずらわしい申込書類の記入も必要ないので、とても楽です。審査も当日から2営業日までに審査結果を連絡してもらえるので、入会するまでの時間もかかりません。

 

またパソコンや携帯電話からの簡単な手続きでいつも使っている登録口座に振り込んでもらえます。さらに楽天銀行の口座であれば、24時間即時に振り込んでもらえるので、その場でお金が必要な場合もすぐに借りることができます。楽天銀行は、コンビニATMでも利用できます。

 

ですから家の近所のコンビニ立ち寄って、借入をしたり、返済をしたりすることができますね。他社に借り入れがある場合も申し込みすることができます。他社の金利が高く悩まれていた方も借り換えができるので安心ですね。

 

他社と金利を比較してみて、低いい場合は、借り換えもおすすめです。お金を借りるならどこでも一緒だからと考えず、借りる前にしっかりと年会費や入会金や金利をチェックして借りるようにしましょう。

 

楽天銀行は、無利息でお金を借りることはできませんが、金利がリニューアルされ、楽天スーパーポイントまでもらえてとてもお得です。上手に利用して、欲しいものを手に入れたり、家計のピンチを乗り切ったりしましょう。

 

楽天銀行カードローンの審査口コミ 審査落ちしないために

 

楽天銀行カードローンは、24時間いつでも口座に振込みをしてくれるサービスがあることが魅力です。ネット銀行ですので、手数料は完全に無料です。私は楽天銀行の口座に常に10万円以上は入れておくことにしています。

 

メインの口座は別にありますが、月末時点で残高が10万円以上あれば、他行への振込手数料が1回分だけ無料になるというサービスがあるからです。振込み手数料の高い地方銀行や信用金庫への振込みを要求されたときには、楽天銀行から振込みをするようにしています。

 

楽天銀行カードローンの審査は、比較的優しいように思います。私は年収が350万円程度、勤続年数は3年、中小企業の正社員ですが、限度額50万円で審査に通りました。過去に延滞はなかったですが、他社からの借入は1件ある状態でした。

 

私が工夫をしたことは、クレジットカードのキャッシング枠をゼロにしてもらってから、楽天銀行カードローンに申し込みをしたということです。キャッシング枠がついていると、借入件数が1件増えてしまいます。

 

クレジットカードは4枚持っていましたが、そのうちキャッシング枠をつけているカードは1枚だけにしておきました。

 

さらに、キャッシング枠は50万円ついていましたが、10万円まで減らしてもらいました。クレジット会社に電話をしてみると、意外とあっさりと対応してもらえました。増額する時には審査がありますが、減額する時にはすぐに対応してもらえるようです。

 

楽天銀行カードローンは、ATMの利用手数料が無料であることが大きなメリットだと思います。私の場合、1万円くらいの少額を借りることが多いので、手数料がかからないということはかなりうれしいです。1万円を借りるだけなのに、216円の手数料がかかったら、2%以上も損をしていることになります。借入で216円、返済でも216円かかったら、合計で432円になります。

 

唯一の欠点をあげるならば、無利息期間がついていないということだと思います。大手の消費者金融で借りると、30日間無利息というサービスを受けられることが多いので、30日間は利息を気にせずに借りることができます。

 

この点においては、大手の消費者金融のほうが優れていると言えるでしょう。

 

年1.9%〜14.5%という業界最低水準の金利ですが、年1.9%という金利が適用されることはめったにないようなので、注意をしておきましょう。私は、年1.9%〜14.5%なのだから、真ん中あたりの年8.0%くらいが適用されるのだろうと考えていた時期がありました。

 

実際には、年1.9%という好条件で借りるためには、限度額が800万円くらいなければならないようです。

 

私の場合、限度額は50万円となりましたので、最高の年14.5%という金利になりました。それでも消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠に比べたらかなりの好条件なので、結果的には作ってよかったと思っていますが、年10.0%以下で借りたいという人は、別のカードローンを選ぶ必要があるかもしれません。よほど属性が良い人でないと、限度額300万円以上になることはないでしょう。

 

 

楽天銀行カードローンでお金の借り換えは可能? ほかの金融から変更可能?

 

カードローンは限度額以内なら何度でも借入ができるので便利ですが、限度額を高く設定しすぎると借りすぎてしまい。

 

気が付くと返済が追い付かなくなります。返済が追い付かなくなると、返済のために他のカードローンを利用してしまうので余計に返済が苦しくなります。

 

 

返済を少しでも楽にする方法として、借り換えやおまとめローンを利用する方法があります。今借りているカードローンよりも安い金利に借り換えたり、複数の借入を一つにまとめて返済を楽にすることもできます。ただし高額な資金を融資するため審査も厳しくなるので気をつけてください。

 

 

借り換えやおまとめローンを提供している金融業者というと、圧倒的に消費者金融が多いですが、銀行でもおまとめローンや借り換えに対応している所もあります。

 

楽天銀行スーパーローンなら、借り換えやおまとめとして他の金融業者からの変更が可能になっています。楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行に口座がなくても利用できるので、手間がかからないという特徴もあります。限度額も500万円と高額なので、ゆとりをもった借り換えやおまとめが可能というわけです。楽天銀行のホームページには、おまとめや借り換えに変更した場合の金利も掲載されているので、じっくり確認してから利用するといいでしょう。

 

 

楽天銀行スーパーローンが人気のある理由として、審査スピードが早いことがあげられます。審査スピードが早いと、万が一審査に落ちた時でも次の対応がしやすくなります。即日融資にも対応しているので、急いでお金が必要な人にはとても助かります。

 

 

楽天スーパーローンを利用すれば、楽天スーパーポイントも貯めることができるので楽天で買い物をする時などはとてもお得です。楽天スーパーローンは銀行なので、総量規制の対象外なことも人気がある理由でしょう。

 

消費者金融などの貸金業者では総量規制があるので、どうしても年収を気にしながら借入をしなければいけませんが、楽天スーパーローンならば、総量規制の対象外なので年収を気にすることなく余裕を持った借入ができます。収入がない専業主婦も総量規制のある消費者金融だと借入を断られることもありますが、楽天スーパーローンなら借入ができます。

 

 

楽天スーパーローンに初めて申込む人は不安に感じることが多いですが。パソコンから簡単に申し込めるのでとても便利です。パソコンで申込む場合は、申込フォームに入力して送信しますが、入力ミスがあると審査に通らないので送信っする前にしっかり確認するといいでしょう。

 

 

審査には勤務先に電話をかけて本人確認をする在籍確認審査もあるので、自分が働いている職場に直接つながる電話番号を書くことが大事です。

 

パートやアルバイトの人は電話を取り次いでくれないこともあるので、社員に電話がかかってくることを伝えておくといいでしょう。必要書類は運転免許証などの本人確認書類や、源泉徴収票などの収入証明書が必要になりますが、限度額が200万円までなら収入証明書を提出する必要はありません。