学生ローンの審査 歯列矯正ローン

学生ローンの審査 歯列矯正ローン

 

学生ローンを利用する場合どんな審査が行われるのでしょうか。

 

金融会社に直接学生ローンの申し込みをした場合、所要時間は30分程度くらいです。

 

必要書類として、学生の身分が証明できるものを出すことが多いようです。

 

審査結果に基づいた契約が成立すれば、すぐに現金が受け取れます。

 

一般的な消費者金融では無人機などが設置されていることが多いようです。

 

学生ローンでは、店舗窓口や、電話応対で審査を行ったりします。

 

審査の結果によっては、借入限度額が少額に抑えられるということもあります。

 

ある程度の期間返済がされているか確認してから増額というローン会社が多いようです。

 

融資可能額というのは借りることが可能な限度額のことで融資枠というふうにも言われていますが必ずしも融資可能額いっぱいを借りる必要はありません。

 

時には、審査で断られてローンが使えないこともあります。金融会社からすれば、返済が期待できないという人に融資をしてももうけになりません。

 

学生がローンを返せなくなった場合でも何らかのあてがあるのかどうかという点が大きな審査のポイントになります。

 

多くのアルバイトをしている人はそれでまかなうでしょうし、保護者の収入が安定していればいざという時に助けになるでしょう。

 

保護者の勤務先や収入がわかる書類や、アルバイトの収入を明示できるものを持っていくと、学生ローンでは、審査に通りやすくなるとされています。

 

歯科矯正ローンは学生でもお金借りれる?バイトしてないので不安

 

歯科矯正ローンを組むときのポイントに年齢があります。一般的には個人でローンを組むときの年齢は20歳以上とされています。これは法律が関係しており、未成年との契約を行った場合には借りた側が一方的に解約できるので金融機関はお金を回収できなくなる危険性があります。

 

これを避けるために年齢に制限をかけています。ただし、20歳未満ではローンを組めないというわけではありません。保護者が保証人になっていれば不利な契約とはならないため、利用を認めている場合があります。

 

基本的には20歳以上であれば自分の名義でローンを組むことになりますが、学生の場合は親の名義でも借りられます。

 

これは本人に収入があるかで判断すると良いでしょう。ローンであるためお金は返済しなければならず、収入がなければ審査には通りません。

 

学生でアルバイトもしていないのであれば親の名義にした方が借りやすくなります。

 

歯科矯正ローンの審査は一般的なローンと同じようなものであると考えれば良いです。年齢が利用条件を満たしており、安定した収入があれば借りられます。

 

ただし、治療費が高額になる場合はバイトの収入では信用を得にくくなるので親の名義で借りた方が良いでしょう。

 

なお、親が過去に金融関連のトラブルを起こして個人信用情報機関に異動情報が残っていると、親の名義では信用を得られないので審査に通りません。

 

歯科矯正ローンを利用する際に注意しなければならないポイントとして、それが間違いなく目的別ローンであることを確認しましょう。

 

特定の目的を定めずに利用するカードローンはお金を何に使っても良いため、これを歯科矯正ローンとして紹介しているケースがあります。

 

実際にカードローンでも支払いに使用できますが、金利が高くなるデメリットがあります。

 

目的別ローンは用途に制限がある代わりに低金利で借りることができ、

 

返済期間を長期にできたり、一定回数までは利息が免除されるものがあるなど返済の負担を抑えられるメリットがあります。

 

ローンの申し込み方法としては歯科医が提携しているのであればそこで手続きを行えます。

 

提携していない場合は金融機関に自分で申し込みに行く必要があるため、どの程度の治療費が必要になるのか見積もりを取っておきましょう。

 

治療中に追加の費用が発生すると分かったときには追加の借り入れもできますが、このときに再度審査が行われるので金額や返済状況によっては断られる可能性もあります。